読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボイスレッスン第2回~響き~

ボイスレッスン第2回目のテーマは「響き」でした!

 

無料体験レッスンの時から声量は響きだ!と教わり、

響きについての仕組みも少しずつ学びましたが、

今回は響きについて重点的にレッスンをしてきました。

 

ちなみに今回のレッスン曲は、前回までとは変えて

椎名林檎の「丸の内サディスティック」にしてみました!

 

はじめに、響かせるところは二つあります。

鼻腔で響かせるのが鼻腔共鳴

口腔で響かせるのが口腔共鳴

f:id:omteri:20170429110622p:image

 

そして私がレッスンの時にいつも言われることは、

息が抜けすぎている!

 

普通に話しているとき、声帯は締まっています。

声帯は締まっていると、力強い声がでます。

歌っているときは、声帯が伸びて振動しているので締まってなくて、開いています。

開いていると息がそこから抜けてしまいます。

 

声帯が開いていると、息を送っていても息がどんどん出て行ってしまいます。

声帯が閉じることによって、息を送っていても一定の息の量が出ていき、

息のコントロールがしやすくなります。

 

そこで1つ目の練習は、息が抜けないようにする練習

・鼻に集中して歌う(鼻を触りながら、鼻が震えているのを感じながら)

・リップロールで曲に合わせて歌う

⇒鼻に集中して歌う

鼻に指先を当てながら歌うと、震えているときがあります。

その時は鼻腔共鳴ができています。

そして鼻に指をあてていることによって、鼻に意識が行くので自然と鼻で響かせることができました!

(人によって、コツをつかむ方法は違うようで、私は完全にこれでした!)

鼻を意識すると声を上後ろに飛ばすようになるので息がもれなくなります。

 

これで鼻腔共鳴がうまくいったので、

歌う時に、1番は鼻を触って歌う→2番は鼻を触らずに、1番のように歌う

やっぱり、触らないとまだうまくできているのかわからない時が多いですが、

正解がもう自分でわかっているので、できたときにあ!今できてる!ていうのが実感できます!

(今までは裏声にしないと出ない声が少しふんばるだけで、地声で楽々出るようになります)

 

あとは、アニメ声みたいな、鼻にかかった声を出して、

その声のまま歌うのも鼻腔共鳴ができるようになるコツ!

 

⇒リップロールで曲に合わせて歌う

リップロールというのは唇をプルプルプルプル~~~ってするやつ(伝わらない)

これで歌っているときは、お腹に力が入っているので、

このお腹の感じを歌う時もやる!

 

高い声で歌う時は、声帯を閉じるのが難しいらしくて

2つめにやったのは、声帯閉鎖の練習!

・ハミングで高い声を出す

・うぇーい!って高めの声でだす(大きめの声)

 

うぇーい!ってやつは、前回もレッスンでやった、テンション高いやつ!

これも、少し鼻にかかった声でやると良い。

 

私は鼻腔共鳴が今回のレッスンでうまくいったのでそれを重点的にやっていただきましたが、

口腔共鳴の練習では

・あくびをしたときのような口で声をだす

私がいつも不思議に思っていたのは、

「家でなんとなく口ずさんでるときは出る声でも、カラオケとかにいくと、頑張って歌ってるのにうまく声がでないな~~」

って思っていたのですが、歌う時はリラックスをすることが大事!

 

あくびをしているときはとってもリラックスしています!

お家で歌っているときもとってもリラックスしています!

 

なので、座って歌うというのも、リラックスができて良いみたいです

(私は、立って歌う方が声が出やすいのかと思っていましたが)

 発声練習の時にあごに手を当てて、あごが動かないように意識するとよいらしい

 

今回のレッスンはこんな感じでした。

ちなみに、息が抜けないようにするというのは、息を吸わないわけではないです!

 

今回のレッスンでは、初めて自分でできてる!っていう実感があって

今までのレッスンの意味などがわかったし、すごい楽しかったな~

すこしわかるとお家で練習した時もこれこれ~~!ってなるし

最近はカラオケに行きたくてたまりませぬ。

 

もうGWですのう。

全然予定もないし、お金もないYO!いえあ